人を知るpeople

先輩インタビュー

新たなソリューションの開発に携わり、毎日が学びの連続

A. T. さん

ソリューションサービス部 Aグループ
2018年入社

入社のきっかけは?

「ここならきっと成長できる!」と直感した

前職ではシステムの要件定義から開発、保守まで一貫して行っていました。ですが、開発はどんどん外注になり、顧客折衝も多く、PMに近い立場になっていくなかで、もっとがっつり開発業務をしたいと感じるようになり、転職活動を始めました。
入社の決め手は、一目惚れです(笑)。
面接で部長のお話を聞いて、直感的に「いい!」と思いました。開発業務に注力していることが伝わってきて、先輩方も非常に技能レベルの高い方ばかりで、ここならきっと成長できる!と感じたからです。また、エンジニア職の中では比較的、残業や業務のハードさに対する一定の倫理観を有していることと、部長の部下に対する愛を感じたので、安心して入社することができました。

ミーティングルームでのなごやかな打ち合わせの様子
開発業務に注力できる環境が自分に合っていた。

入社に不安はなかったですか?

スキルに合った案件に関わりながらレベルアップ!

コミュニケーション能力が高いらしいので(友人談)、不安はそこまでありませんでした。
ただ、前職は人数が多く、平均年齢が高くて落ち着いた雰囲気の方が多かったのですが、ネットパイロティングは若い方が多いことに少し驚きました。少人数のため、全社員の距離感が非常に近く、顔もすぐ覚えていただきました。
実務では、入社して私のレベルをしっかり見極めてもらい、できるところから業務に入れてもらったので、非常にスムーズに案件に関わっていくことができ、自身のレベルがどんどんあがるのも実感できました。
また、入社当初、開発の知識はサーバーサイドの基本的な部分しかありませんでしたが、リリース作業や障害対応をするにつれてインフラの知識も少しずつ身につき、また興味もどんどん湧いてきました。


具体的にどんな仕事をしてますか?

新たなソリューションを世の中に提供するために

以前は、企業内の情報の見える化・効率化・高度化を促進するソリューション「P2NetEX」の改修業務を行っていました。
現在は、新たなソリューションを世の中に提供するため技術検証、設計、実装業務を進めています。アーキテクチャを選別し、自身で判断していかなければならないので、大変ですが非常にやりがいを感じています。
その他にも、スポットでリリースの作業を担当することもあり、インフラ面からアプリまで幅広い知識が必要になります。

オフィスで仕事をする様子
新たなソリューションの提供のために技術検証、設計、実装業務を進める毎日。

やりがいを感じるときはどんなときですか?

毎日が学びの連続。一度インプットしたことを次に生かせたとき

毎日が学びの連続で、やりがいを感じモチベーションに繋がっています。機能改修、障害対応、リリース作業など、どの業務においても、昨日より早く、昨日より的確な行動を心がけています。一度インプットしたことを次に生かせたとき、成長を実感できます。

また、今携わっている新たなソリューションの開発では、納得いくまで試行錯誤して創り上げていくこともやりがいのひとつです。
やはりアプリ開発が好きなので、求めている仕様にピタリとくる実装がより簡潔に書けると非常に嬉しいです。

1日のスケジュール

9:00

出社、1日のタスク確認

10:00

開発作業、同僚と機能について相談など

12:30

昼食

13:30

開発作業、技術調査など

18:00

1日の業務進捗を確認し、次の日の実施タスクを整理

18:15

退勤

座右の銘とその理由

ケセラセラ

山田社長からのお言葉を、自分で意味を調べて、好きになった言葉です。
「まあなんとかなるか」という感じで無責任な響きもありますが、ミスをしたときも、慌てず、できるところからやっていく。起こるかわからない不安に怯え精神をすり減らすのではなく、何か起こったときにすぐに対応できるよう、しっかり構えている。そういった意味合いも込め、この言葉を側に置いています。単純に音の響きも好きです。

私のパワーの源

デスクトップPC筐体の画像

初めて自作したPC
ゲームが好きなので、休日のお供です。

猫が映ったiPadの画像

iPad
手帳であり、参考書であり、ノートであり、娯楽でもあります。待受は実家の愛猫「みかん」。

この職種に近い、ほかの社員インタビューを見る